おばちゃん、邪笑す。 ~拒否権は認めない?~

Yes、Myruler!

 

というわけでhttp://www8.ocn.ne.jp/~hendric/af/syomei.html

 

例の事件についてのまとめが出たのでご報告。

 

おばちゃーん。

 

「架空キャラ対話型サイトって痛いよな。」

 

わかってるけど、あんたを使うネタが他に無いので。基地とかと違って。

 

「まあ、見解についてはあれだ。下の方にあります。とおり、だ。

 

自分が信頼した友人が、大変なことをやろうとしてる。だからそれに従う。それだけ。

 

勿論、その行動が間違ってると思ってたらこんな事しないよ?筋が通ってると思ったから、というは前提の話。

 

んー、まずは、ノリアにまとめ、ご苦労さん、ってとこだな。本当に。

 

特に他に述べることは無い。

 

あたしに出来ることは、あと5G出すということだけ。

 

さて。ここでだね。ちょっと問題提起をしてみようか。

 

この空気の中で、『エムロード死すべし』と思う奴はどのくらいいる?

 

いや、いいのさ、正直に答えてくれ。アサシンガールにまともな生活なんて似合わない、と感じてるのはあたしも同じ。

 

許せない、とまで感じるのは?処刑されるべきだと思うのは?

 

放置しておけば、『助命嘆願』は確実に成功に近付く。結果がどうなるかは知れないが、『近付く』のは間違いない。

 

では、『処刑嘆願』というのは、できないのか。

 

そう思ってる奴は、いないのかね?

 

どんな意見もありうべき、ということ。そういう依頼も出てるようだし?

 

まあ、あれだ。人はぶつかり合うから人なんであって。意見が殴りクレリックと違うから肩身が狭い想いをしてる、と思ってるんだったら違うぞと。

 

『人殺しは碌な死に方しちゃいけねえ』

 

あたしもそう思う。

 

だからな?おおっぴらに反対しても、いいんだぜ?寧ろそういうのが無い方が不思議なんだよな。

 

何でそんな、ノリアの足を引っ張るようなことを言うのかって?盟友の助けに参じたんじゃ無いのかって?

 

それは裏切りなんじゃないのかって?

 

ふふ、それはね……。」

 

 

おばちゃんの企みは、多分しくじると思います。いろんな意味で。

 

でも、反対意見もおおっぴらに発表すべきだし、できるべきだし、遠慮してはいけない。

 

九条MSの挑戦状を真っ向から斬り落とすのは、別に悪いことなんかじゃないんです。受けて立つのと同じように。

 

だから、さあ、その口を開けてくれ。

 

酒場の、投げレンジャーの訪れた卓で、Patri-Anna、「アンナ親父」が愚痴を聞きたがっています。

広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: Asura Fantasy Online パーマリンク

おばちゃん、邪笑す。 ~拒否権は認めない?~ への3件のフィードバック

  1. コウ より:

    こんなブログあったの今の今まで気づきませんでした……。ジョセフ・ギールケのPLです。いろんなとこでお会いしてますが、ここでもよろしくお願いします。さて、ジョセフの協力理由ですが、パトリアンナさんとおんなじです。あと、ロリコン(ぇぇま、表立っては言いませんがね。ジョセフからすると恥ずかしいので。彼は理詰めでないと行動できない人なのです(幼女除く)ジョセフも一応、協力はしていますがノリアさんが参加されていなかったら、多分協力していないと思いますので、ジョセフの本音をこちらに書かせていただきます。というわけで、以下ジョセフ。ま、酒場でも言ったがね、私はギュンター君の時に署名したわけだ。法の下の『平等』を理由にしてな。彼は『種族』のみを理由にして不当な冤罪を受けたわけだ。これは認められべきではない。この考えは現在に至っても変わらない。だが、今回はどうだ。エムロードさんは犯罪を犯した。これは殺人というどう見ても法に抵触するものだ。それでも、何故彼女が許されようとしているか、その最大の理由は少女であることに他ならないと私は考える。それも、『人間』の少女である点だ。ゴブリンが貧しさゆえに人を襲って、助けたいと思うものがいるか? いないだろう?つまり、これを認めるということは『人間』の他種族に対する優越を認めることに他ならない。そう私は思う。『種族』の不平等は認めないといいながら、今度の件で『人間』の優越性を認める。これは欺瞞でないか。ゆえに、私はこれに協力することはできない。そうノリアさんに言ったのだが……。十分ほど考えた。相手は幼女だぞ! 幼女が死に掛けているんだぞ!……結果、署名することになった(ぁと、いうわけで、上の話に納得した方もそれを忘れて、署名に協力してください。幼女のために(ぉというわけでこちらに。酒場の方では署名するときに(簡潔にですが)言ってますし。

  2. きうい より:

     少女は、いいよね。 「アクスでは、それだけを矜持に生きてきたもんなあ、ロリコンな職業・殺し屋。」

  3. きうい より:

    それはそれとして、おばちゃんの意見。「理由なんざ、なんでもいいのさ。探せば世の中にゃ、ゴブリンに同情するヒューマノイドもいるかもしれないぜ? どうせなあ。人の心でカヴァーできる範囲なんざ限界があんのよ。 そしてそれが絶対なんだわ。 欺瞞だと思うのもいいさ。 そうじゃないと思うのもいい。 どう『感じる』かってことだけは、他の誰にも変えられねえ真実だ。 その、自分に正直ってとこだけは、譲りたくないね。 あたしは、あの『殴りクレリック』に心底ほれてるんだ。だからよお。 できることなら、何でもしてやりたいと思っちまう。 言ってしまえばそれだけさ。ああ、それだけ。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中