緑の

 「損害と、苦痛?
 
 本当に?
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 
 「やってますねえ♪」
 「あ、筧さーん♪」
 「お久しぶりです♪」
 
 旧校のプールサイドに登り魔皇筧・次郎が声をかけると、魔皇・狭山・彩と、逢魔・セイレーンの古が元気に返した。
 
 「お二人とも、旦那様はお元気?」
 「うん、元気元気ーって! 言いたいけど最近顔出してくんないんだよねー。今度あったらぎゅってしてやるつもり!首を。」
 「わたくしの旦那様は、わたくしの代わりをしてくれてると思うほどに活発ですよ♪」
 「それはそれは♪ならば狭山さん、寂しい間お暇できましたらうちで遊んでいきませんか?」
 「もう筧さんはアレなんだからヤーダヨーってそういえばあたし隊員だったー!」
 「わたくしも忘れていましたねえ。」
 「ひどい話です。」
 
 彩が気づいたのは、次郎にホースの水をふんだんに浴びせかけた後だった。
 
 「ごめーん、筧さん。」
 「心配無用ーーう。」
 
 夏服を脱ぎ去った其処には、輝く黒のビキニパンツ。
 
 「わお、今年もそれですか!」
 「攻撃的ですわね。こう、攻め攻めの姿勢で。」
 「でしょう?」
 
 言いながら、プールサイドに体操座り。
 
 「飛び込まないのかよ!」
 「いけませんか?」
 「いけなかないけど……。」
 「ミスマッチですわね。」
 
 今日のプールには、ほかに誰も居ない。
 お盆休みだからだろうか。
 
 「彩さんや古さんは実家に帰ったりしないので?」
 「シンが来ないんだもん、予定が立たないんだよー!」
 「わたくしの実家、ゲートですぐに帰れますし、お盆だから特別、ということはありませんね。」
 「そうなんですかー。」
 「筧さんはー?」
 「台湾に盆はなかったと思います。」
 
 体操座りの次郎から発せられた言葉に、彩と古が顔を見合わせる。
 
 「筧さん日本人じゃなかったの?!」
 「初めて聞きましたよ。」
 「香川が育ての親ってところですかね。」
 
 台湾には讃岐饂飩はありませんから、と言って次郎は笑った。いつもの作り笑顔か、冗句の笑顔か、二人にはわからなかった。
 
 「へー、台湾ってどんなところなの?」
 「色々ですよー?まあ、大陸と日本が近いんで相互の影響は受けてますわな。」
 「なるほど。……では、筧次郎というお名前は……。」
 「買いました。」
 「へ?」
 「戸籍をね。だから、長男坊でも次郎なんですよ。……彩さん。」
 「はい?」
 「本当に、遊びに来る気無いんですか?」
 「まあ、すぐにはー。シンともさ、連絡取らないといけないしー。」
 「そうですか。ソレは厄介ですね。」
 「は?」
 
 筧が立ち上がり、柔軟を始めた。体に歪んだ紋様が浮かび上がり、魔皇の力を顕現する。
 
 「連絡を取られると、3対2になりますし。」
 「彩っ!」
 
 彩と古が人化を解く。快活そうな明るい顔に似合わぬ紋様を纏う彩と、耳をひれのような形に変え、人魚らしく変貌する古。
 敵意が辺りに満ちた。プールを挟んだ向かい側の地面が揺れる。白いワンピースの水着を着た、鳩が着地していた。コンクリートを陥没させて。
 
 「……あなたがたは美しい。愛らしく、やさしく。実に刺激的です。
  だが、やはり。
  僕は。」
 
  バケモノを 容認できません。
 
  彼ら彼女ら僕ら私らの生命を 否定し続けなければ いられません。
 
  どんなに美しくても やさしく おだやかでも
 
  美しく やさしく おだやかであればこそ
 
  お前たちは
 
 
 
 
  この醜い俺自身なのだから。
 
  「あは♪では、時々は遊びに来てくださいね♪」
 
  次郎が唐突に人化した。応じて鳩も。
 
  「う、うん。  脅かさないでよ、もー。」
  「いけませんわ、お戯れは。」
  「すいませんね、僕もまだ若いもので♪ 一泳ぎしたら帰りますよ。」
 
  そういって次郎はプールに飛び込み、鳩もそれに応じるように水に入った。
 
  「ふー。怖かったー。」
  「あの人……。」
  「ん、何?古。」
  「いえ。何でもありませんわ。」
 
  “だが、やはり。 僕は。”
 
  その先にあるものが、もしもあの敵意ならば。もしもあの殺意ならば。あれがいつもの、仮面のような笑顔の底にある冗談でなく、本物ならば。
  私たち相手にすら、笑顔を作っていられないほど容認出来ない何かがあるならば。
  きっと、それは。
 
 
  
  哀れなことですね。そう思い、そして、胸にしまった。
 
  はい。どうも。」
 
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: アクスディア EXceed パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中