身を呈す

 「全てはこの一撃のために!
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 蝙蝠ミカエラ・バラン・瀬田のリプレイが返ってまいりましたプレイングはこちら。
 
 ……ハイライト。
 
 風のような音とともに、NWがもう一度突進してくる。
 角の攻撃の勢いを、完全獣化状態のミカエラが正面から受けた。ナイトウォーカーとがっちり組み合う形でその場に踏みとどまり、突き倒し貫こうとする力に全身で対抗する。
「こ、ノ」
 濡れて滑りやすい床に踏ん張ったミカエラの足が、ふと宙に浮いた。
 NWが鼻面を上げ、角を掴んでいるミカエラごと持ち上げたのだ。力の差は獣化で埋められても、体重はどうにもならない。
 
 
 ……ミカエラさんはプロレスラー。
 
 ……宮元圭MSの依頼は、EX、もしくはもっと少人数で受けたかったかな、というのが裏感想です……。
 
 肝になるセリフを場面の最後に置いて転換することで『心』を残したり、登場人物の畳み掛けで動と静を割ったりと、細かいところでキャラクターを生かす演出が上手なMS様と見受けていましたので……。
 
 その能力を遺憾なく発揮できてはいなかったかな、今回は、というのが私見です……。
 
 にしてもAFO以降のリプレイ文字数減少はそもそも何が原因なのでしょうね……。EXを売るため……?
 
 こんな疑問が今更出てくるのに驚きです。よくまあ今までテラのゲームにしがみついていたものです、鳩も。劣化が完全に目に見えているのに。ふむ。神も鳩も度し難い。
 
 
 
 さて。
 
 ……。
 
 
 
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: びーすとないとおんらいん パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中