アトランティスの謎

 「くたばるまで 殺してやる!
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 現在、岡山のネカフェからきうい神の隣で蝙蝠のオーディション全身図を発注してしまいまった。
 
 
 蝙蝠はぶっちゃけ、採用率の低い絵師様へのノミネートなのであんまり注文が通ること自体を期待してはいないのですが……。
 
 はきっちり頼みました……。
 
 乞うご期待。当然のように変化球発注ですから、皆様の度肝を抜かせていただきます……。
 
 さて。
 
 カテゴリは、Asuraでございます。
 
 
 何故か。
 
 
 おじちゃん、パリ出撃。
 
 依頼に入ったときのことを考えると鳩のマゾヒスティックな部分がきゅきゅきゅうぅ~~~~っとなります……♪
 
 あれ、投げレンジャ……あれれ?みたいな。そんな有言実行のご報告……。
 
 
 ついでにリプレイ語り。
 
 とか書いてるうちにリバス砦きやがった今から読みます……。とりあえず、
 
 「謎の仮面の騎士の依頼」から消化。プレイングはこちら……。
 
 ハイライト。
 
 
 
  今回の、8人+1名の『冒険者の義勇行動』の結果が、目の前にある。それは廃墟――などという生やさしい物ではなく、石材やら木材やらが山積みになった、文字通り『がれきの山』であった。
 元は、さる貴族の屋敷『だった』ものである。石造りの立派な建物で、堅牢さもひとしお。並大抵ではこのような破壊は出来ない。
 しかし、『石造り』というのが実は弱点であった。石材は圧縮に強いが引っ張りには弱い。ましてや横にずれないように積み上げただけのものが丸ごと上に引き上げられたら、このようなことにもなるのである。
 それを可能にする魔法が、一つある。地系精霊魔法の《ローリンググラビティー》である。重力を反転され上に持ち上げられた建材は、そこから崩壊し陥没するように『崩落』したのだ。現代のアメリカ人がビルなどでやる解体爆破の光景に似ていた。
「見事だ。見事すぎて何も言えないねぇ」
 と、パトリアンナ・ケイジ(ea0353)。
 
 
 
 冒頭からこれ。
 
 ゼット馬鹿すぎます。
 
 
 
「これは『当たり』だねぇ‥‥証人はいらないかもしれないね」
 パトリアンナが独りごちる。
「誰だ!」
 そこに、人が入ってきた。身なりが過度に良い(人、それを悪趣味と言う)ところを見ると、どうやらここの家主のようである。
「ちっ!」
 パトリアンナが動いた。その人物につかみかかり《ホールド》を仕掛ける。が、家主はそれをなんとか受けたのである。これは予想外だ。
 ――ちっ、腕の立つヤツだったかい!
 格下に見ていた相手の思わぬ抵抗で、パトリアンナに隙が出来た。家主はその場を離れると、「くせ者だ! 出会え! 出会え!」とお約束の対応をしたのである。すぐに武装した騎士がやってきて、パトリアンナは屋敷を逃げ回ることになった。
 
 
 
 自分の力を過信してました……バレちまったい。でも他の潜入者のために警備をひきつけることはできたようなので結果オーライです……。アンナ的には失敗ですが……。
 
 
 続きまして、
 
 依頼名は、『【三十六計】瞞天過海 』。三十六計という、中国の兵法をひとつずつ映像化してみようという試み。プレイングはこちら……。
 
 ハイライト
 
 
 
 ● 撮影の陰で
 遡って撮影開始初日、打合せによって決定した脚本を元にイメージボードを作成したカイ君は、スタッフに相談しながら馬や模造武器、衣装等の手配を依頼していた。
 更に、イメージ的に近い古城や旧跡での撮影許可の申請も依頼する。
 カイ君が推したのは故宮や麗江古城、平遥古城などいわゆる世界遺産に類する場所であり、戦闘場面などの撮影はさすがに許可にならなかったが、平遥古城の城壁など一部での撮影は許可された。
 その外にも出発前にCET制作部と所属プロのAFW管理の古代中国関連映像を漁ってみたのだが、さすが日本のテレビ局やイギリスの映画会社とあってドキュメンタリー的なものはともかくドラマ系は多くを期待できず、現地での調達に重点を置かざるを得なかった。
 ドラマに役者として出演しつつ、空いた時間には一人完全獣化で密室に籠り、持参したノートを使って借用可能な画像データのチェックとピックアップ、更には不足しそうな部分のデジタル作画など本業の仕事にも余念がない。
 
 
 
 はい。某カイ君です。大変に支えていただいた、たった一人の屋台骨。
 
 蛇は演出能力があるのでその点で支援するべきだったのですが、まるきり演じることばかりやってましたしかもちょい役。
 
 鳩は阿呆です。自分にできることすら見失って、もう……。
 
 
 
● 『瞞天過海』とは‥‥
 カメラが『終劇』の文字が映し出されたスクリーンから引くと、明るくなったスタジオに役柄のままの衣装に身を包んだ八人が映し出される。
「みなさんこんばんは! 劇団クリカラドラゴン所属、ケイ・蛇原と申します
 李将軍を演じた歳嵩のケイさんを皮切りに出演者達がカメラに向って次々と挨拶。
 
 
 
 わはははは。久しぶりに挨拶を拾っていただけました。呼夢MSの琴線に少しは触れられたようでなにより……。
 
 中国の番組で何を宣伝しているんでしょうかこのおっさんは。
 
 反省点多く、支えられっぱなしの依頼でしたが、まあ。まあまあ。依頼全体としては悪くない感じ、というところに落ち着いたようです。
 
 
 
 
 ……さあ、話は再び阿修羅に戻りましてリバス砦です……。プレイングはこちら……。
 
 
 
     リバス砦奪回作戦
 
ハイライト
 
 
 
「話は終わったかい?」
「本隊に連携の話はつけてきた。後は俺達次第だ」
 話し合いを終えた彼らに、羊とゴーレムの着ぐるみが話しかけてくる。まるごとメリーさんを着たパトリアンナ・ケイジ(ea0353)と、まるごとばがんくんを着たMだ。
「おぅ、さっすが、お二方はいいもんを持ってるがじゃのう」
「‥‥えーと‥‥どう突っ込んだらいいんだろうな」
「深く考えるとしなくてもいい苦労をするわよ」
 反応に困ったKに、Sはそう返したのだった。
 
 
 
 まるごと戦士二体参上。
 
 
 
 
「さぁて、あたしの大好きな戦争の始まりだ。バケモノ相手じゃ生身のあたしに出来ることは限られてるが、その限られた中で与えられた役割を可能な限り完璧にこなすのが傭兵ってもんさ。それ、あんたも活躍するんだよ、へりおん!」
 
 
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
「嘘でしょう‥‥?」
「おいおい‥‥あたしらは悪夢を見てるんじゃないだろうね‥‥?」
 巨大なゴーレムが赤子のように持ち上げられ、うち捨てられる様子に、Iとパトリアンナは思わずそう口にしていた。
 あっという間。
 数十秒前までは無傷だったその機体は、あっという間にボロボロにひしゃげてしまっている。
「こりゃあ、やばいね。I、あんたあっちの騎手を落としな! あたしの弓じゃ無理だからね」
 長年の傭兵生活の賜物か、パトリアンナは即座にIに向かって叫んだ。弓がティラノに大して訊かないこと、Kの駆るモナルコス一騎でもう一方のティラノサウルスを抑えられるはずがないと一瞬で判断したのだ。Kの身の心配――そんなものはしても無駄だと判っている。死ぬときは死ぬ。生きているときは生きているのだ。戦場で戦いを一瞬でも忘れたら――その時は自分に死神が微笑むのだ。
「わかりました」
 その声に、Iも素早く対象を切り替える。彼も数々の修羅場をくぐってきているレンジャーだけのことはある。
「しっかり狙っておくれよ。あんたの周りはあたしが守るからね!」
「期待してますよ‥‥っ!」
 ギリギリと引き絞った弓から、魔力の乗った矢が放たれる。
 ――その弓、三百歩撃ちと呼ばれる魔法の品。その名の通り、三百歩先の槍の穂先にも当てることが出来ると言われる逸品だ。
 Iの放った矢は、ティラノの騎手目掛けて宙を切り裂いていった。
 
 
 
 
 自力の限界を知るレンジャーと、自力の強さを遺憾なく発揮するレンジャー。
 
 年嵩キャラを使っててよかったと思える瞬間です……。これは燃えました。
 
 
 
 
 
 
 死闘の中、吹雪はますます強さを増していく。
「どういうこと‥‥?」
 上空で見ていた彼女にはわかった。騎手が何かをしたのだ。途端、ティラノが傷を忘れたかのように立ち上がって襲ってきた。
 傷が癒えたわけではない。現にその後の一撃で息を絶っている。だが――
「何をしたの‥‥カオスニアンは‥‥?」
 そもそも、この寒さの中で恐獣が普通に動いていること自体がおかしいのだ。戦場の混乱に紛れて消えた騎手は、もはや誰だか判らない。一面の白い世界で、黒いうねりが一つの生き物のように味方の軍を襲っていく。
「これが、私達の敵――」
 Sは、ここに至ってようやく、この世界への月道が開いた理由を理解できた気がした。
 
 
 
 
 残された、謎。
 
 
 ……アンナ的には想定中、六分の活躍、と言ったところですか。操り手狙いは、間違っていなかったようです。
 
 皆様、お疲れ様でした……。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: Asura Fantasy Online パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中