スタッフロール?

 「テツガクしようぜ。思春期の頃のように。
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「……で、如何でした?人妻の味は。」
 「未遂で終わったと言ったでしょう?」
 「……では、彩様。如何でした?独身男性の味は。」
 「酷かった。がっつくなっていうの。」
 「……それは嬉しい褒め言葉ですね。ね、主。」
 「そうですね♪こんどはイッシーさんとキスしたいですね。」
 「ヒール様に生まれ変わってくれるなら考えてもいいですわ♪」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「最低ですか。」
 「ええ。あなたを思ってくれる方がこんなに身近にいて、心を震わせているのに。あなたは。」
 「だからあなたを愛してはいけないんですか?僕が心震わせるのはどうでもいいと♪」
 「本当に、筧さんは最低ですね♪」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「じゃあ、おわカレね、キョーカちゃん。」
 「ういーっす。お疲れさまですっ!また呑みに行きましょう!」
 「今度はうちでのマナい?最近寂しくて人恋しくて……。」
 「あ、あー、あたしそっちの趣味はー……。」
 「スタッフの男の子達沢山呼ぶンだけど。」
 「是非。」
 「じゃあ一人5000円だかラ。よろしく。」
 「え?ちょっと待ってください。何ですそれ?」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「ギャハハッハハハハハハ、また逢えたねぇ、パティちゃぁん?」
 「酷い有様ですね、噂の通り。」
 「任務ちゃんとやったよ♪ご褒美ちょうだい!ワンワン!」
 「いいですよ褒美をとらす♪」
 「んー、宝石もキラキラ綺麗だけどぉ、あたしはやっぱり、その銀の腕輪、ほしーいなっ!ゴラッ!」
 「よろしい、くれてやります。おなか一杯に♪」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「あ、平・代真子様のところに行くの忘れた。」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「植松、ハジキ。」
 「あ、いつぞやの白いおっちゃん。何だよ?」
 「人間は好きですか?」
 「……お前、敵だな!お前は俺の敵だ!!」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「何の呪いだよ、次郎。」
 「戯れですよ。」
 「吐いたぜ、5リットルほど。」
 「僕のことは嫌い?」
 「女々しいことを聞くねえ?どうした?抱いて欲しいのか?ん?」
 「……できるものなら。」
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 「ふう……こんなものでしょうか。」
 「やっぱり鳩ちゃん食べるの早いねー……。」
 「キーボード叩きながらアイスクリームリットル食いコンプリートする子って初めてみたわ……!」
 「セラさん、虹子様ならやってのけそうですよ。」
 「その後絶対後悔するわ、あいつ。畜生鳩バケモンめ!とかいいながらトイレに篭ってるわよ。」
 「人化を解けばよろしいのに。」
 「あのね、璃生は手の甲に出るんだよ刻印!」
 「……どこかの科学屋魔皇様もそうでしたね。」
 「「誰それ。」」
 「で、鳩ちゃんは次郎さんのこと好きなの?」
 「水鈴様は仙姫様のことをお慕いしておりますか?」
 「うわ、鳩ちゃんにバレてる!うわ、鳩ちゃん知ってるのかー。でも残念ちょっと違うんだな。」
 「ソンヒって誰?」
 「美青年でございます。」
 「鳩ちゃん、わたし時々あなたが怖いわ……何でわたしが聞きたいことだけピンポイントで応えてくれるの。」
 「落ちないんですけどどうしましょう……。」
 「うちで何か食べよう!」
 「……そうですね。雨宮様の和菓子はとても美味しいので、そういたしましょうか。」
 「わたしも付き合っていいのかしら?」
 「どうぞ、セラさん。特に黄な粉とか粉っぽくて美味しいですよね。」
 「黄な粉?そのまま喰うの?喰うのって言うか呑むの!?」
 「黄な粉餅いいよねー♪お正月であまったお持ちがちょうど始末時だから、焼いてからお湯につけてふやかして黄な粉がいいの!あと餡子!」
 「ああ、これは落ちないわ。」
 「……では皆さん、さようなら。  お付き合い頂き、また反響頂きありがとうございました。
 また逢う時は鳩が殺しに行く時です。更に三度逢う時は鳩が全てを終わらせ地獄へ下った時です。
 殺害現場と黄泉平坂にての出会い、鳩と皆さんとのおやくそくです……。
 小指を切断し拳で一万回殴打した上、嘘を吐いたら針を千本本当にのーます!」
 「針だけ妙にリアル!」
 「早く行こうよー!」
 「……良い終末。(魔帝ムンドゥス)」
 
 以上、廃屋ラヂヲ でした。
 
 お相手は鳩でした。
 
 
 追記:
 
 BNOにて。
 
 期間01/15~01/20 の、大林さゆるMSの依頼:ザ・ファイトマン……。
 
 の、挿絵。
 
 沢村さんの左……
 
 弾丸(バレット)だっ!
 
 ドキュッキュッキュッ
 
 「どわーっ」
 「速えっ!!」
 
 予備動作(モーション)無しで最短距離を飛んでくる
 避けづらさはフリッカーに劣らないっ
 
 「スクリューブローだニ
  沢村の左も殺傷能力が高いだニよ」
 
 だニよ。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: どうしよう パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中