蠢く鳩メモ

 
 こんばんは、鳩です。
 
 
 このスペースにある絵で、50×50の大きさの絵、及び、はしっこに「OMC」と印のついている絵に関して、使用権は鳩一味に、意匠権は各作者に、全権利はオーダーメイドCOMにあります。
 
  
 
 ・蛇は中東にて龍河MS待ち。でしたが、泥棒依頼(しかも戦闘バリバリ)なの相変わらず敬遠。
 ・こそこそ。後出しジャンケンと見事な伏線は紙一重。
 ・読みきれという方が無理な「伏線」を、失敗と言う形で、しかも依頼参加者に責任があるといわんばかりの(いやあるのだけどね、仕事が遂行できなかったのでそれは参加者側の責任)描写で書くから「後出しで負けさせた」ようにしか見えなくてイヤンなのですね。
 ・やっぱり三ノ字MSはメールゲームマスターに壮絶に偏ってる気がする。
 ・ていうかあの字数で三ノ字ワールドを展開されてもお互い困ると思うのだが。困ってないのか?
 ・ミカの初期値の振り方を思い出すのをあきらめた。
 ・豚の名声値が4000点台になりました。
 ・トップはミカ様独走中。あからさまに愛の差が出ている。
 ・ミカ様獣人LV10に。でも何時の依頼の何の反映のせいなのかわからずじまい。反映タイミングが未だにわかっていない。
 ・ワールドガイドページより優れた、完全獣人全身図はまだ無いと鳩は個人的に思う。

 ・三ノ字俊介MSの依頼はガス・クドのみで。でも未だに正解を導ける自信はない。倒れる時は前のめり。せめて、傭兵らしく。

 ・殺しあいたいのだ。殺されるほうがマシなのだ。何もしないよりは。
 ・「捕縛したら、手足を切って芋虫にして牢屋に転がしておいたらどうだ?ああ、危ないから歯も全部抜いて置け♪」
 ・筧・小鳩は本当にもう、どうしよう。ていうかほろびのうたは全体的にやる気無さ過ぎる。スタッフめ。
 ・鳩もほろびのうたは最近やる気ない。
 ・というか絵を頼むのが楽しい。少しずつ魔人に近づきつつある。鳩は元々魔人ですけど。
 ・デースケドガー。
 ・純友良幸絵師が釣り目褐色肌を得意としているらしい

 ・太股!太股!

 ・どこかよそ様のブログ・コメント欄で太股太股叫んだ記憶があるのですがどこか忘れました。
 ・レプリカントのオスで鳩の恋人募集。繁殖してもいいですよ。
 ・鳩の一番欲しいものは愛欲ではない気がする。しかしきうい神はそれ以外の鳩の欲求を想定することができないようだ。セチガレーゼ。
 ・ラヂヲのネタが無い。
 ・レプリカントのオスで鳩の恋人募集。繁殖してもいいですよ。(二回目)
 ・ラヂヲのネタがなくても困らない。
 ・アクティブマークだけは何とかしないと。
 ・レプリカントのオスで鳩の恋人募集。繁殖してもいいですよ。(三回目)
 ・繁殖しましょうよ。
 
 
 彼女らは彼女らの城からいなくなって、彼女らの主の城に住まう代わり、彼女らの持つ宇宙を見る機会は減ったのかもしれないのでやっぱりセラさんが書いてた方がいいと思うんですよ。
 
 筧・次郎は言った。
 「たった一個の個体が。死にたくない、と思うだけで。それは僕の夢の障害になるんです。
  できれば、敵意すら抱かないうちに、さくっと死んで頂きたい。」
 「そうか。」
 「なれば、求めるものは、体力よりも、鋭さ。野性よりも、賢さ。光よりも、闇。」
 「そうだな。」
 「こうして、対峙していること自体が、もはや非常の事態でね。ですから、僕は……。」
 「……。」
 「逃げますっ!」
 「ふははははははっ!」
 背を向けて駆ける次郎に、大男ゼシュト・ユラファスが笑った。笑いながら、ライフルの照準を合わせ引き金を引く。
 「っとっ!」
 背中を撃たれた次郎に、逢魔・鳩が銀の篭手を掲げて割って入る。二発目以降の魔弾は、この篭手に弾かれた。
 「行くぞ、わたしが奏でる。お前は踊れ!」
 片手にライフル、もう片手にマシンガン。そして追走しながら撃ちまくる。魔皇の膂力があってこそできる芸当だ。
 駆ける大男に、灰髪ツーテールの魔女、鳩が立ちはだかった。音速にも近い速度で拳を繰り出す。
 だが、それよりも尚早く大男の蹴りが彼女を踏み潰していた。
 「どうしたジロウ・カケイ。逃げるのはお得意の、紫ではなかったのか?」
 縦横無尽に駆ける次郎を、正確に射線で追うゼシュト。
 だんっ!と一段と強く地を蹴る音がして、次郎の体が消えた。
 ゼシュトは迷わず上を見る。
 「やはりな。」
 死角に逃げるなら、これしかないからだ。そして足場の無い空中では。
 「鴨撃ちだ、馬鹿め。」
 ライフルとマシンガンの弾丸を浴びせる。鮮血が飛び散るのがわかる。何やら銃器を召喚したようだが、それも取り落としたのを視認。
 「興冷めだな。お前の人間性には興味があったが、いざ戦いの場においては強さのみが全て。弱いならば、去れ。」
 引き金を一段と強く引く。弾丸の勢いに次郎の体がくるりくるりと回る。
 体がねじれ、顔だけがこちらを向いて。
 こちらを。
 
 次郎の肉体から放たれた紫色の閃光が、ゼシュトの胸を突いた。
 「真狙撃弾(スナイピングシュート)だと!」
 真正面からとは言え、完全に不意を衝かれた。
 地面に着地した次郎がひとしきり血咳を吐ききると、自分の体に差し込んだ指先をぬるりと抜いて見せた。
 にこり。
 「なるほど。」
 にやり。
 召喚した銃器は、刻印を稼ぐ為。
 銃弾で空いた穴に指を通し狙いをつけ、目で標的を確認し、自分の体を遮蔽物として魔弾を放つ。
 己の肉体の耐久力を知り尽くしていなければ、とても出来ない攻撃だ。
 「二度は無いぞ?」
 「同じくです。」
 両者、召喚したのは巨大な剣。
 おそらくは、手足が散るまで、逃げることはしないし、許されないだろう。
 
  以上。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: どうしよう パーマリンク

蠢く鳩メモ への2件のフィードバック

  1. 未果 より:

    先日はデート写真、ありがとうございました。
    何となくコメントしたくなってしまいまして(背後酔っぱらい中)。
     
    ギアスはおなごの尻がいいのですよね。カレンもいいですがCCもなかなか
    (最初の数回しか見てませんが。DVDが全部出たら見ようと思っている小心&田舎者)。
    ほろびのうたに関しては、関係者の一人として恐縮しきりです。
    好みの方の窓が開いたときに旗取りに勝って下さいとしか言えない現状が悲しいのですが。
     
    レプリカントのオスを作るためだけにうっかりアクスにキャラを作りかけました(笑)
    そんなこんなで脈絡のないままコメント、終わります。

  2. きうい より:

    チャオチャオ。
    初めまして鳩です。
     
    いきなり女子とか言われえtキリン一番搾り吹きました。
    ギアスは実は見ていません。ただ、キムタカの肉っぽい絵が好きでただそれだけなんですごめんなさい。
    ツインピン、お付き合いいただいてありがとうございました。あんなにステキで若いパティが出来上がるとは夢にも思いませんで。
    あの絵師様、鳩はよく知らなかったのですが早くてよい仕事をいたしますね……。
     
    ほろびのうた。
    未だにプロフィールの編集ができないのはどうかと思う。
    レプリカントのオス……ああ、望むところなれど、妊婦にしてくださいますのですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中