地産池沼の蛇

 「お前は蛇。
 
 こんばんは、ん、んっ、んんはぁっ……鳩です。
 
 エロクしてみました。
 
 ケイ・蛇原のリプレイが来ましたのでご紹介。プレイングはこちら。
 
 ハイライト。
 
 まずは県の南に位置する塙町にある道の駅『はなわ』から。
 ここは利用する人に潤いと安らぎを与える事をモットーに河川を利用した自然が溢れた休憩サービス施設。建物の前にあるベンチに座る農夫姿をした初老HERO。
 会津木綿の着物を尻っぱしょりした彼は、手拭いをほっかむりした頭を抱えている。
「‥‥どうも他県のHERO達から聞けば、あちらこちらで過疎化が進んでるらしい。ここ福島も切迫しているようだ。‥‥食い止められないものか」
 役に填るよう口調を変え、呟くケイ・蛇原(fa0179)こと、はなわの竜タゴンサーク。どうやら年々増加する郷土離れを真摯に受け止め悩んでいた。
 
 
 フリゲット。
 ちなみにはなわの竜、というのははじめの一歩の沢村の二つ名、「尾張の竜」から取っています。ネタを相談板で振っていれば、「ならはの虎」とかできたのでしょうか、少々悔やまれます……。
 
 
「そうでしょう、これはワシが丹誠込めて作ったこんにゃく芋から、特に上質なものだけを選りすぐり固める為に必要なカルシウム以外は添加せず仕上げたものですから。今は食物繊維を豊富に含む低カロリーアルカリ食品として見直され、食べやすく仕上げてあります」
 
 プレイングにそこまで書いてねー!
 
「では願いを叶えてやろう。ちちんぷぷい~あっち向いてホイ」
 みょうちくりんな呪文を唱えた。スタッフは笑いを堪えながら効果音を流す。次の瞬間、人の良さ気なHEROが竜の着ぐるみを被り鍬を振り回す、おっかない悪HEROへと変身してしまった。
「ぬぉぉぉ~~嫁に来い、婿も来いぃぃ! ライフサイクル! チ、サン、チ、掌!」
 雄叫びを発し、もの凄い勢いで北へと走っていく。
 
 コロリ。
 
 
「自然を大切にするだけでなく住み良く、程よく手を加える。それが本当の共生の形。実現させるのがある意味、理想郷ですが、福島は目指して進んでいくのです」
 蛇原の理想に強く頷く美角であった。
 
 
 年の功でトリもゲット。
 
 
 いかん、ご当地ヒーロー楽しいですね……。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: びーすとないとおんらいん パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中