蛇の宴

 「消えろ。
 
 こんばんは、鳩です。
 
 蛇のリプレイが帰ってきました、プレイングはこちら……。
 
 
 お笑い三国志ということで、魏、呉、蜀に別れ、対抗戦を行う、ということだったのですが……。
 
●修正の乱
 お笑い番組『ガハッ! とチャンネル』のプロデューサーが考え、(適当に)作成した企画書に多少の訂正を加えたADの平井・平良は会議室に集まった参加者全員に手渡した。
(「プロデューサー、三国志なんてほとんど知らないのに‥‥。こんなので大丈夫なのかなぁ‥‥?」)
 その不安は、企画書に目を通したケイ・蛇原(fa0179)の一言で見事に命中。彼の目は、獲物を狙う蛇の如く光った。
「この企画ですが、細かく書かれている点は認めます。ですが、ここまで武将の名前を並べるのでしたら、各国の皇帝の名も出していただきたいものですね。あなたはご存知ないでしょうが、劉備玄徳は蜀の皇帝になった人物ですよ」
 ガチガチのファンの方に叱られないように、悔しいけど面白い、そう言ってもらえるようにしないといけませんね、と意見を付け足すケイ。
「ケイさんの仰るとおりです。皆様のご意見をまとめ、急いで修正しますのでどんど
ん意見を言ってください」
 
 あ、氷邑MSリテイクしたな!
 
 確か鳩が朝確認した状態では、ADのタイラさんが、内心で(私だってファンなんですから、それくらい知ってます!)と反発するくだりがあったのです……。
 
 ちなみに、皇帝の件はプレイングではなく相談板で愚痴ったこと。
 
 ……氷邑MS。怒ってますか?
 
 
「蜀では、兄の亮がお世話になっております。瑾と申します。お兄様が呉にいらっしゃれば、二人合わせてリョウとキン」
 意味がわかっているのか、いないのかわからない観客は唖然としている。
「『おい、軍師、作戦を立てろ』『はい、リョウキンが必要になります』」
 ここで苦笑する観客。
「ともあれ、兄もわたくしも忠義を尽くす主君を誤ったりはしません。所轄はきちんと守ります。実はこのわたくし、顔で馬鹿にされたことがありましてな。驢馬の頭に『諸葛子瑜』と書かれまして。『こいつが諸葛瑾だ』ということなのですな。わたくし、ショックでした。『へえ、これはまた人の意見をきかなそうな軍師でありますな』。馬の耳に念仏というでしょう?」
 顔ネタが出たところで、ようやく笑い出した観客。
 
 滑った。つるんとすべった。ちなみに魏と蜀は共倒れと言う形になり、勝ちはしました。
 
 
●反省会
「皆さん、お疲れ様でした。今回はこちらの企画書不手際で、大変ご迷惑をおかけしまた」
 ペコペコと頭を下げる平井。
「それと‥‥最後の罰ゲームは運悪く今回は稲川さんがすることになりましたが、他の皇帝役の皆様にも同様のことをやっていただく予定でした」
 あの格好であんなことを!? と驚くマリアーノとダンディ。
「男性の場合は衣装が違いますが、内容は同じです」
「まさか、あの企画を採用されるとは思いませんでした」
 ケイが平井にそう尋ねると「皆さんのおかげですよ」と照れながら答えた。
「タイちゃんも是非『三国志』を読んでみてください。壮大な歴史浪漫を堪能できま
すよ」
「は、はい‥‥」
 
 ここもリテイクしましたね。
 
 ここでは、
 
 「罰ゲーム案はADさんが考えたもので、それに対しケイが『あなたが三国志のファンであることを見抜けなかったことを許してください』と謝る節」
 
 になっていたのです。
 
 悪役だったケイが改心するカタルシスが、なくなっています。(ただその分タイちゃんの手柄をケイが得ることになったのですが、それはそれでケイが偉そうなだけで何だか……)
 
 正直、相談板の突込みに対して「そんなことわかってる」と氷邑MSがいらついてるんだなあ、とはリテイク前のを読んでも思ったのですが、別にそれはそれでいいのです。不快ではなかったのだし、読み物として出来上がっていたのですから。ケイもどちらかと言えば謙虚なキャラなので、あんまりこの修正はなじまない。
 
 寧ろ三国志ファンだった(はずの)タイちゃんがかわいそう……。責められるばかりで。
 
 
 ……意図があってのリテイクだとは思うのですが、これは、残念だと思いました。
 
 
 以上。
 
 
 カッコマン計画第一弾。
 
 はじめの一歩風リングインメーカー
 
 
 青コーナー!
 
 瑠璃防衛線より経過した年月、実に6年!
 
 日本屈指の武闘派テンプルム、広島地方を相手取り暴れに暴れた孤高の紫!
 
 ついた渾名は『瑠璃最狂』!
 
 ステップワークとハンドスピードは同階級の中でも屈指!
 
 清掃技術に磨きをかけて、必殺掃除人がベルトを奪いにやってきた!
 
 23戦18勝3敗2引き分け、17KO!
 
 触れさせない脚と逃さない牙を持つ、『笑うゴキブリ』 筧・次郎、見参! 
 
 
 以上。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: びーすとないとおんらいん パーマリンク

蛇の宴 への2件のフィードバック

  1. 真史 より:

    はじめまして、突然ご訪問、失礼いたします。
    リテしやがった本人でございます。こういえば、名乗る必要はないでしょう。
     
    リテイクに関してですが…ご不満だったようで。
    喧嘩腰リプレイになったので、これでは失礼と思い書き直したのですが…。
    某所で更に指摘されたので、更に修正したものをオフィシャルに提出しました。
     
    「怒ってますか?」の件に関しては、正直言うと怒ってます。私が無知だと指摘されたも同然ですので。
    オープニングも、リプレイも下調べをし、リプレイに関してはギリギリまで粘りました。
    初めて書いたものに関して「何も知らんのか」と言われたような気分でした。
     
    …本音はこのくらいにして。リプレイはこちらにも非がありますので。
    では、失礼します。
     
     

  2. きうい より:

    その節は本当に申し訳ありませんでした。
    相談板をあの流れにしてしまった上に、プレイングでも慇懃であったので、ケイの存在はさぞいやらしく映ったことでしょう。
    申し訳ありません。
     
    三国志の知識に関しては、こちらはいまだにOPの魏の武将が誰だかわかっていないという体たらく。
    むしろ、あのわからなさに「これは下調べしてきてるな。」というのがつたわってきたので、
    これは史実絡めないともったいないだろうということで、こちらも突貫工事で諸葛キンのエピソードを調べて応戦するのが手一杯だった、というのが実情です。
     
    つまり、三国志の知識としては、MS>>PL であり、かつタイちゃん>(越えられない壁)>ケイだったので、
    ケイとしては、タイちゃんに三国志のよさをとうとうと語られまくるくらいでちょうどよかったのでは、と感じています。
    生半可な知識を責められるべきは、見てのとおり、こちらでした。
    「にわかの知識はさわやかに粉みじんにしてくれるだろう」ぐらいの期待でしたので、なんだか無知なのに威張っているこちらが非常に申し訳なくて。
    リプレイに関しては、他の方の指摘も入ったということで、あくまでこれはこちらの一面的な感じ方ということなのですが。
     
    掲示板に関して言い訳を許してもらえるなら、そこまで調べているだけに皇帝だけ人物の明記がないのが際立ってしまって、「皇帝の立ち位置の認識をメンバと確認したかった」ので、ああいう風になってしまいました。
     
     
    それこそ、「下調べして埋めろ」といわれればそれまででございますから、
    こちらの無責任ゆえに不快な思いをさせてしまったことに変わりはありません。
     
    重ね重ね、申し訳ありませんでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中