何度でも終わり続けよう

 
 
 
 以上、媚び。
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 
 とりあえず東京怪談の文章は出来が悪かったので撤去しました……。
 
 下の方の引退エントリについては、まだ撤去予定はありません。
 
 今後の動向について、まだ楽天的なビジョンがありませんので……。どこに行けば寂しくなくなるのか。シルバーレインという答えしかないのでしょうけど、まだちょっと吹っ切れずにいます。
 
 妄想シルバーレイン劇場を色々展開してきたのは、参加してしまうとお金がかかってしょうがなくなるから、というのが一番の原因ではあるのですが、
 
 敵を殺せる二十歳にもなっていない人間、のロールプレイに自信がないのも大きいのです……。
 
 きうい神おっしゃるところによりますと、『筧次郎で培ってきたノウハウを一旦全部捨てないといけない』らしく。
 
 厭戦ムードに逆らうために、殺す為のロジックと心理の妄想を重ねてきた歴史は想像以上に根が深く、『殺す』という行為に特別な感情を持ってしまっている感じでして。
 
 それで、少年少女が戦う『しかない』という世界はちょっと敷居高いな……。と躊躇しておるところ。
 
 鳩ですか?鳩は人を殺したりしてませんよ?ええ、殺し屋なんかじゃないったらないのです。
 
 
 ……主も鳩もある種の狂気とその自覚を持って神魔の大戦に身を投じておりますれば、逆に、狂気なしに戦争をすることは『ありえない』、ということも言えるわけで。
 
 そのあたりの折り合いを心の中でつけるのに時間がかかりそう、とのこと。
 
 
 追記:初期設定のほとんどが『シビアな環境下』ってのがかなり救いですね。折り合いつけました。壮絶な過去を持っている人だからこその学院ですか。
 
 脈絡もなく去年のバレンタイン。
 
 我が主、およびきうい神はロリというよりはペドフィリア込みなので、割とガチエロまで持っていくというか、肉体関係を想起させる絵が未だに鳩のものしかないってのがゆがみっぷりをあらわしていると思います……。
 
 てか恋人もちのキャラクターが鳩自身しかいない件。あ、逆ですね。鳩という、恋人もちのキャラをきうい神がロールプレイしているという異常事態が進行中なのです。
 
 思いついたら書く、は思いつかない限り何も書かないということになるので無理やり何かをひねり出す試み。
 
 アクスディアではどうやら、装備をはずしたアイテムの、メールによるパスワード返却が行われなくなった模様なので、いっそ殺せと思うのですが死んでないので続けます……。
 
 
 
 ノイズの音に混じって聞こえてきたのは、軽快なインストルメント。BPMは160前後。
 
 『皆様こんばんは、サタデーナイト廃屋ラヂヲのお時間です……。』
 
 この周波数はラジオのそれではない。盗聴器が使う特殊な帯域。コアなファンはアンテナを広げ少しでも不明瞭な音声を改善しようとしている。
 
 『本日もまたDJカケイはお休みですので……アシスタントの鳩がお送りします……。』
 
 小さいが張りのある女性の声がノイズにまぎれる。ここ数ヶ月、ずっと“DJカケイはお休み”だ。
 
 『まずは今週の速報から。
  本日未明、先日5日昼に渋谷にて発生した、魔皇至上主義過激派の立てこもり事件は、神魔混成特殊部隊の突入により制圧。
  一方、呼応して過激派が決起した大阪淀川区では周囲の暴力団、特に大陸系の派閥による妨害により依然として状況は変わらず……。
  死ねばいいのに。
  では本日の一曲目。』
 
 さりげなくレイシズムを絡めてアシスタントの鳩がマイクを落とす。
 
 『……さて、今週のテーマは、皆さんのパートナーということで。
  魔皇と逢魔、グレゴールとファンタズマ。
  お互いにお互いがいないと成り立たない、人間から見るとひどく依存度の高い関係性ですが、われわれバケモノにとっては大事な概念。
  基本に戻ってお話していこうかと思います……。』
 
 BGMが流れ出す。淡く深いジャズの音色。
 
 『ファンタズマと逢魔は感情、本能によりグレゴール、魔皇とそれぞれ強く結びつきを求め、
  グレゴールと魔皇はファンタズマと逢魔に自分の力を握られている存在であります。
  ファンタズマを殺されて絶命したグレゴール、逢魔が寿命を迎え理性を失った魔皇のニュースが席巻する昨今ですが、
  死んじまったらおしまい、ということで生きている間のことを考えましょう……。席巻と昨今って似てますね……。
  鳩には皆さんご存知のとおりDJカケイという魔皇様がいらっしゃるわけですが、
  彼に対して抱く思いは、改めて口にするのは少し、はばかれる類のものではあります……。
  ぶちまけた話、できちゃっているわけですが、まあ、パートナーという意味以外の進展は当然のごとく、ございません。
  魔皇と逢魔、グレゴールとファンタズマは、常に横にいるという特性上からも恋愛関係になりやすくはあるのですが、
  その一方で、兄弟や親子と同じ様な感覚で近くにいすぎて恋愛の対象から外れるというケースもあるようですね……。
  ファックスとメールのテーマは、自分のパートナーは自分にとってどんな立場か。
  いない人は、もしいたとすればどんな関係でありたいか。募集いたします……。
  では二曲目……。』
 
 再びマイクの電源が落とされる。流れるのは、最近流行のアイドルが歌っている新曲のバラード。
 サワリが二回流れたところで音量が下がり、鳩の声が割り入ってきた。
 
 『……僭越ながら、鳩自身の話を。
  パートナーであるDJカケイは今おりませんので、鬼の居ぬ間に、ということで……。
  先ほども申し上げたとおり、DJカケイと鳩はできちまっておるわけですが、
  魔皇と逢魔でございますから、結婚や出産と言った先の目標がないのですね……。
  鳩の両親は結婚と言うものについて、恋愛の延長線上でやるべきではないこと、という哲学を持っておりまして。
  自分の遺伝子を残し、一生を共にする伴侶は、必ずしも恋愛感情の勢いで決めるべきではない、という、ドライな感性な持ち主でして……。
  まあレプリカントでございますから、感情と理性を分離する考え方に優れていたのではないかと思います。
  さて、鳩もそう思うわけですが、数年間べったりとお互いが死なないように寄り添った我が魔皇様と、
  伴侶にならないという選択肢は残念ながらもはやないわけですね。
  恋愛感情があろうがなかろうが一緒にいるしかないわけです。
  鳩は我が主の理性を殺したくありませんし、我が主に仕えている時間で生活のほぼすべてがつぶれてしまっております。
  主も鳩が居なければ理性を保てないので、手の届かない場所にはやれず、と言うわけで、まあ、こんな感じでございます……。』
 
 ファックスの受信音がする。だが、いつもならここで止まるはずの鳩の口が止まらない。
 
 『お互いがパートナーである事実を存続させながら、お互いに別の恋愛対象を見つけ幸せになった例もございますし、
  それを否定するつもりもありません。
  ただ。』
 
 気づけばバラードは、とうの昔に終わっていた。
 
 『鳩と主はそこらあたりが不器用と言いますか一途と言いますか。
  本能や命以上の恋愛が出来る余裕はなかったわけですね……。
  そうすると、思いつめてしまうわけです。
  自分には相手しか考えられない。けれどその先には、幸せや不幸せではなく人生の終わりが待っているわけです。結婚でも出産でもなく。
  ゴールは死。死ぬまでそのまま走り続ける。
  それ自体には、不満はありませんでした。
  ただ、では人生の目標はどこに定めるのか?そこで、意見の食い違いや……葛藤などがあったりしまして。』
 
 パトカーのサイレンの音が混ざり始めた。
 
  『明日も明後日も幸せであれたらいい、と思う鳩に対し、明日か明後日にでも早く幸せになってしまいたいと思う主。
   主にとって日常は楽しくとも幸せではなかったのだと断言します。
   だからこそ、約束と結末を求めたのでしょうね。』
 
 聞き間違いではないか。いつもと調子の違う鳩の言葉を聞き漏らすまいと、アンテナを微調整する。
 ……うめき声が混ざっている。ひとつや二つではない。びちゃ、びちゃ、という水音も聞こえる。
 
  『失礼。』
 
 鈍い音と悲鳴が交互に響いて、やがて、静かになった。
 
  『ですから、鳩は先日、主の遺産と遺志を継ぎ、抜け殻を大阪湾に沈めました。
   主の望みどおりに。
   今日はやっと心に整理もつきまして、万全の支度が整いましたので、主に縁のあるメスたちを集めて、一網打尽にいたしました。』
 
 扉をたたく音と、壁を越したような怒号が聞こえてきた。鳩、出て来いと。
 
  『お伝えしていませんでしたが、本日は飛び込みのゲストがいらっしゃるようです。』
 
 銃声と、それに重なる破壊音。
 
  『ここで三曲目と参りましょう……。チャンネルはそのままで。』
 
 マイクが、オフに。
 
 
 
 
 
 
 
 毎回の記事冒頭のリンクネタはひそかな鳩の楽しみ……。
 
 ……マギラギ?そんなことより皆、東京怪談やろうぜ。
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: アクスディア EXceed パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中