【IF Another despair】破綻の終始

 「好きの反対は嫌いだ。
 
 反対だから、当然一番距離が遠い。ひっくり返そうなどと夢を見るなよ?殺したくなるから。
 
 ……こんばんは、鳩です……。
 
 妄想シルバーレイン。
 
 【IF Another despair】破綻の終始
 
 「さてと。」
 
 鎌倉山クリニックの出口。
 ツーテールの男が携帯電話をポケットにしまうとベルトのバックルを回し、鎌倉山山頂へと歩き出した。
 
――――
 
 「困っちゃいますよ、全く。」
 「困っちゃいますよねぇ。全く♪」
 
 短い黒髪を切りそろえ、爪を装備した女と、ツーテールに長身の男が、『それ』を見て苦笑いをしていた。
 地に『生えた』、『嵐公女』。
 丘が空けた胸の穴からは太い蔦が生え、鮮やかな色の花を咲かせている。
 その周りには花畑。陽光が降り注ぎ、蝶が舞い蜂が飛ぶ。
 花畑の淵から先は、かつて林だったはずの荒れ果てた赤土。
 
 「どうするんですかぁ、これ?」
 
 『銅』(あかがね)が獣爪を鳴らせば。
 
 「そりゃあやっぱり、刈るしか無いんじゃないでしょうか?」
 
 『星屑』が肩を竦める。
 
 「一応、お仲間なんですけどねえ。」
 
 面倒そうな口調の『銅』が、漂う濃厚な銀の匂いに顔を押さえる。
 
 「『けど』、なんですか?」
 
 『星屑』も銀の匂いを感じてはいるが、この『生えた』女と交わった為か、息苦しさは感じていないようだ。
 むしろ清々しいとすら思える笑顔で女を見る。
 
 「べっつにー。深い意味はありませんよ。
  仲間だけど仲がいいわけじゃなし。」
 「まあ、仲間なんてそんなもんですよねー。」
 「経験でもあるので?」
 「ええ、僕も仲間とは仲が良くない。
  何しろ、もう全部死んでるから♪」
 「それはそれは♪」
 
 二人の間は、約25m。
 通常のアビリティなら互いに手の届かない位置。
 だが互いに通常の存在ではないのは感じ取っていたし、
 互いを殺す気でいるのにはとっくに気づいていたから、
 
 「助けるおつもりで?」
 
 太く分厚い忍者刀を『星屑』が抜くと。
 
 「助かれば、いいかなー?ぐらいですよ。」
 
 『銅』が片手を突き出して。
 
 『星屑』が、花園を踏みしめて円を描く。少しずつ『嵐公女』に近づくように。
 『銅』が花畑の外周をめぐるように円を描く。彼との距離を一気に詰められるように。
 
 『星屑』の刀が振り上がり、『嵐公女』の背に向けられた。
 『銅』が牙道砲を放つ。彼の仕草が罠と承知で。
 
 「……。」
 「……。」
 
 違わぬ狙いは紙一重。
 『銅』の砲は『星屑』の頬を掠め、
 『星屑』が砲に交わした水刃手裏剣は『銅』の服の脇を散らした。
 
 「!」
 
 先ほどとは違う、覚えの無い裂傷と、続く風切り音。
 気づくや、『銅』が地に牙道砲を放った。
 土砂が巻き上がり、草花が散る。
 打ち込まれる水刃手裏剣の雨が浮かび上がり、両手の爪が踊って致命となる刃のみを打ち落とした。
 やや血肉は散ったが臆する事も無く『銅』が踏み込む。
 注ぐ土砂の中、交わるは龍の顎。
 
 青龍の拳!
 
 互いの手の内を覗いたのは僅かな時間。
 『星屑』の刀が強く速く打ち込まれれば
 『銅』の爪が柔らかくしなやかに切り返す。
 
 汗が散る。
 敵意が満ちる。
 萎える様子は無く。
 
 刃が鳴り、火花が散る。
 
 呼吸の隙間。斬撃の隙間。
 こじ開けるべき隙間を狙う細く鋭い刃が中空で踊り、
 激しいステップが地煙を舞い上げ、止むことのない衝突音は共鳴し、鎌倉山全土に響き渡った。
 
 
 「っ!」
 
 突然『星屑』が顔を歪め飛び退った。
 『銅』は好機と切り下ろしたが届かず、異変の元をすぐに知り自分も退る。
 
 『星屑』の体から蔦が生え。
 『銅』の目の前に、壊れた念動剣達が再生する。
 
 「起きたか……。」
 「では、わたしの役目おーわりっ♪」
 
 『嵐公女』の背が戦慄くと、竜巻が起こり、黒雲が群れる。
 花畑は赤土に取って代わり、『彼女』の体を這っていた蔦も千切れ去った。
 
 「精々ミンチ肉が『残って』るように祈ってますよー♪」
 
 ニタニタと笑いながら『銅』は走り去る。
 蔦が疼かせる傷口を押さえて『星屑』が苦く笑う。
 
 『嵐公女』は最早完全に目を開き、目の前の男を見つめていた。
 輝くような笑顔で。
 
 「ごきげんよう(^^)」
 
――――
 
 激痛に目を覚ました丘が見たのは、鎌倉山山頂に念動剣で釘付けにされた己の体。
 転がるシークレットブーツと、今度は破砕を免れた忍者刀。
 そして、鎌倉山クリニックのあった場所に積まれた、白いモルタルの山だった。
 
 丘は、刺し傷の隙間から生えた一本のシロツメクサを、暫くの間、慈しむように手で撫でていた。
 
 
 以上。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: シルバーレイン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中