それは転生ではない。

 「生まれた意味を知っているだけ、儲けモノではありませんか。
 
 楽しみ方なんかより使命の方が余程大事に決まっているのに、本気になることはカルトと言われる世であるならば。
 
 妄想シルバーレ、レ、れ。
 
 気まぐれの断片
 
 「どうしました?」
 「わかっていらっしゃるんでしょう?お屋形様。」
 
 
 「ああ、そうか。
  外見に惹かれちまったら終わりなんだな。
  大切にしたいなんて嘘だ。
  一旦その外見を好きだと思ったら、そっから先はナイフの出番。
  美人でも何でも無くても、それに思い入れがあれば征服したくなるわけか。」
 
 
 「ダメだなあ、どうしてこう……似合わないラブソングに、妙に心動かされたりするんでしょうね?
  好きだって気持ちに変わりは無いとはよく言ったもんですが、そのほかの全てのものは、かなり変わりがあるんだ。
  似合う奴と、似合わない奴とは、絶対にいるんです。
  ……きついですねえ。そう思いません?
 
 
 「あなたに課した命令は極単純なものです。
  『我々の溜飲を下げろ』。
  それは変わらない。」
 「僕はその、最後の敵になれるのですか。」
 「あなたは立っていればいい。
  あなたの世界の終わりまで立っていればいい。
  そうすれば、終わった後の世界を我々は妄想できる。」
 「つまるところ、僕がどういうものであろうとどうでもいいと。」
 「いいえ?
  あなたは自分を鍛え続けてください。
  でなければ世界が終わった後、『あなたが最強の存在になった』という妄想をするのに、
  整合性が脆弱になるでしょう?」
 
 
 「柔らかい……。柔らかい。」
 
 
 「できれば我々を冷笑してほしい。
  カルトだとののしって欲しい。
  それこそが。
  わたくしどもの狂信と熱心を証明してくれるのだから。」
 
 
 
 「お屋形様、何故僕をわざわざ悩ませたんですか。」
 「我々は神ではあるが、全能ではない。
  整合性が取れなくなったのですね。だからこんなザマに。
  あとは、思い付きかな?」
 
 
 「死にたいのですか?」
 「出来るなら、しがらみを心から全てなくしたい。」
 「そうですね。そしたら我々は新たなオカケイジロウを送り込むだけです。」
 「きっとそこに宿る魂も僕なのでしょうね。
  生まれ変わっても死んでも。オカケイジロウであったことを忘れてもずっと僕の魂はあなた方の人形としてしか使われない。」
 「いずれ、わたくしのように比較的自由になれますよ。」
 「それはいつですか。」
  
 
 「俺、何なんだっけ?」
 
 
 「我々は、基本的には平和を希求している。
  Show must go on.
  けれど、わたくしの生涯はその幕を閉じる為に奔走して終始する。
  舞台の上で、緞帳が下りるまで、『この芝居はつまらない!辞めてしまえ!』と叫び続けるのが、わたくしの役どころ。」
 
 
 「では、もう一度命令します。
  この世界から理不尽を消し去れ。
  すべて人間が乗り越えられるレベルになるまで叩き潰せ。
  ポッと出の災難が意味も無く人類を襲うという現状を完全に打破せよ。
  銀による災害を完全に殲滅するか完全に人類と共有すること。
  『この世界の全ての銀の理不尽を消し去れ』。」
 「……。」
 
 
 「肝臓、脾臓、小腸、大腸。
  ああ、やはりなにより血管が最高だ……。ナイフに迷いがある、今日はダメでした。失血が多い!」
 
 
 「舐めた名前にもほどがある、か……。
  いやいや、いやいや……♪
  主の跡継ぎなのですから、舐めたぐらいでちょうどいい。」
 
 
 「心配しなくても、あなたはそう簡単には死にませんよ。
  わたくしにすら、あなたを殺すことはできない。
  あなたの一挙手一投足はわたくしの手の上だが、あなたの運命は、別の神の手の上にあるのです。
  だから、安心なさい?お人形さん。
 「……完全に了解いたしました。
  僕は何の心配もせず、丘・敬次郎であり続けます。神、様。」
 
 
 「さあ。」
 
 
 「いざ。」
 
 
 「Role.」
 
 別に……。」
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: シルバーレイン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中