♪ブログってもしかたない♪ ポジティブ(双海)はいい歌詞ですよね。 

 「鳩メモ
 
 ……こんばんは。鳩です。
 
 リクエストについて。
 
 ちょっと描いてみて欲しいイラストマスターに何度かイグニッションカードをリクエスト中。内容は変えたり変えなかったり。
 
 
 
 本当は、発注内容、というかイグカの服装にこだわっているだけで、イラストマスター選びはまあ、そのイラストマスターの絵柄(+知り合いや好きなキャラがよく描いてもらっているというところ)もかなり大きいのですが、
 
 『最悪この防具のイグカを描いてもらえるなら誰でもいいや』ぐらいの妥協点は既に持っています……。
 
 鳩は、『描いてもらえなくてもいいや』と割り切れるものでない限り、リクエストでの発注ってできるだけしたくないのですよね……。
 
 断られたとき少なからず徒労感がありますし、作ってもらえるかどうかすらわからない発注に、心血注ぐ気にはなれない。
 
 何ヶ月も待てたり、何度も再リクエストしてる友人をみるにつけ、自分が異端のような気がしてくるのです。
 
 恥ずかしげも無く「誰か同じ感覚の人いませんかぁ?」とノタマッテみます。
 
 
 
 
 絵師にこだわるからこそ何度でもリクエストするし、何ヶ月でも待てる、と言う人は確かに理解できる。悪い訳ではないし、寧ろあるべき姿であるとも思います。
 
 鳩は一人のイラストマスターにそこまで出来ないのですよ。一番は自分の妄想の具現化なので、それをしてもらえないなら、いくらお気に入りでも意味がないのです……。
 
 描いて頂ける可能性の高い絵師様や、その時点で通常窓開けてる方に流れてしまう。
 
 ……そういう意味では、――――飽くまで、サンプルを見て鳩が信頼を置けると判断できる、というバイアスをかけた上でではありますが――――『誰でもいい』のは確かでして。
 
 誰でもいいから描いてくれというのは、あんまり一般的でなく、そして、『誰でもいい』と思われることはイラストマスターの気持ちを殺ぐことでもあるらしい、と最近知りまして……。
 
 
 ……二択なのですよね。
 
 『あ、何かピン頼みたい。この人に描いてもらえるならどんなシチュでもいいわー』とまず絵師が先に来ること場合と、
 
 『こういう絵を描いてもらいたい』というのが先にあって、それから絵師を選ぶ場合と。
 
 
 トミーウォーカーは後者しか今のところありませんので、この絵師様でなきゃダメ!ってのは全くないのですよね……。
 
 
 
 OMCの時と同じように、『おお、このイラストレイターにうちのこのキャラ描かせたら凄いことになるな!』という運命的な出会いもしてみたいものです。
 
 そうでないと、これから先ずっと、イメージ先行型の『誰でもいい』発注しかしないことになってしまいますゆえ……。
 
 それは鳩にとってもイラストマスターにとってもいいことでは無いので、丘の場合は何を誰に頼むのがいいのか、考えるところ……。
 
 
 
 
 
 『拘りの絵師に出会う』という序段の部分で、リクエスト(=断られる可能性あり)がほぼ前提+納品まで数ヶ月単位で待つことがザラってのは何とかならないのかなあ。
 
 ぶちぶち。」
0971_wt03pcicon01_w3a379ouma
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: シルバーレイン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中