愛おしいエゴの為に

 「陰口を叩け、面と向かって言うな!
 
 俺を幸せなままにしていろ!
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 
 妄想シルバーレイン
 
 黒旗の論者
 
 「お前!能力者の力を、一般人にふるって」
 
 飛ぶ。
 地面を思い切り蹴って。
 右足のつま先を着地点へ伸ばすと、煩い人間が真二つに折れた。
 
 ぐふ、と低い声を聞きつつ、能力者自慢の運動神経で余勢を制御し、地面に着地する。
 振り向くと、トゥを突っ込まれたそいつの腹はデカくて赤い穴が空いていた。
 
 「10mぐらい、か。」
 
 跳躍地点からここまでを目算。
 何だ、間合い結構広い。
 
 払った髪に血の気配はない。返り血すらも浴びないのか。
 能力者の五体は正に凶器だな。
 
 そいつは死ぬ間際に、「能力者の力を一般人に向けるなんて」と言っていたのかな。
 わかっているよそんなことは。だから論議もせずにまっすぐ殺したんだ。
 たった一足飛ぶだけで、人間を簡単に殺せる力。
 だからこそ、油断無く躊躇無く使ったんだろ?俺はヤクザだからさ。
 お前を殺すために、ここに来たんだからさ。
 
 手から放った黒燐蟲に、死体を食わせる。
 最近手に入れた力だが、身の中に隠せる暗器ほど素晴らしいものは無いな。
 
 あの一歩をかみ締める。ヒトを殺せるヒトっとびを。
 あんなに簡単に。
 人間が死んでしまう。
 踏み潰しただけで。
 ヒトは死ぬんだ。
 
 楽しい。
 そんな俺を、人類だけは、殺していい。
 悪魔は、人類が調伏するために作られた存在だから、な。
 人類は、エゴと戦うことで進化してきた存在だから、な。
 
 だからどうか敬愛する人類よ。
 俺の、身勝手なエゴをどうか殺してくれたまえ。
 俺を楽しませてくれないものは、この世にはいらないからさ。
 
 以上。」
0925_wt03pcbust_w3a379ouma_0003b25240_sdzen_2
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: シルバーレイン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中