久方ぶりの殴り合い

 「猫が好きです。目つき、態度。
 
 強気で勝気で勝手で蟲惑なものがきっとすきなのです。
 
 ……お姉さん属性か。
 
 
 こんばんは。鳩です……。
 
 でも暴力を振るって君臨するタイプのメスキャラは嫌いな鳩……。え?あれ?鳩は、あれ?レプリカントって確か戦闘に特化してたような妄想シルバーレイン。
 
 あなたの悲しみがわたしの生きがい
 
 「気持ちいい……。」
 
 御簾越しに聞こえてきたお屋形様の声は心の底から悦んでいた。
 相変わらずその影はヘッドフォンをしていて、下手な英語の歌詞をところどころ口ずさみ揺れている。
 
 「お屋形様。」
 「まだ居たんですか。」
 
 跪き待つ丘・敬次郎に、影は振り向きもしない。
 
 「次の命令を。」
 「『待機』。」
 
 即答。
 
 「了解いたしました。」
 「思い知らせてやる。
  思い知らせてやる♪」
 
 上ずり過ぎた声は、逆に男の声にすら聞こえるほど。
 
 「誰に。」
 「わたくしを思いやった愚か者に。」
 
 いつだってそうだ。
 苛められっ子の思考しか持たぬ「我ら」は、自分が最低であり最悪である、その状態でしか己を保てない。
 対等などありえない。
 過剰な謙遜と卑屈。根拠なき自信と自惚れ。
 
 世界にただ独りの惨めな自分。
 そんな俺を苛めるなんて、もっともっと汚いクズども。
 だから俺は世界最強。
 
 誰かの上に立つか、下に行くか。
 目をつけられぬよう、反感を買わぬよう卑屈に立ち回り、
 負けず嫌いがもたらすストレスを、世界の全てを貶めることで保ってきた。
 今でもそうだ。ずっとそうだ。永遠にそうだ。
 
 
 だから。
 
 「我ら」に関わる全ては、「我ら」を楽しませる道具にしかならない。
 ああ、何て最低な俺様だ、何て最高な世の中だ!!!!
 
 「思い知らせてやる♪」
 
 真白い生地を汚すように。
 大事な書類を引き裂くように。
 
 心の底から台無しにしてやろう。
 『まさかそんなことをするなんて』と驚け。そして哀れめ。それこそが「我ら」の本質。
 
 愛されることなく。愛することに飢え、残虐を好む自分に酔い、何よりその全てを肯定するあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 
 
 
 「残念だったね♪」
 
 御簾の向こうからがしゃりと人形の倒れる音。
 聞こえる前に、丘は部屋を出てしまっていた。
 
 以上。」 
0971_wt03pcicon01_w3a379oumab25240_icon_8
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: シルバーレイン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中