【IF Another despair】神域の侵食

 「おまえ は にんげんか それとも ちせいのたらぬ ひともどき か。
 
 
 こんばんは はと です ・・・・・・。
 
 もうそうしるばーれいん
 
 【IF Another despair】神域の侵食
 
――――丘君はね。まあ、無能ですわ。組織の首長やったのに、組織全部瓦解させたんやからね。
――――ああ、いや、経営者として無能、ってことでね。仲良くやっていきたいのはホンマですよ?
――――丘君はねえ、底が見えんのですわ。というか、見せないんかな?
――――勝てない勝負からはさっさと逃げるし、負けない勝負は圧倒的に勝ち逃げする。
――――使えるコネやカネは躊躇わず使う。暗器に至ってはナンボもっとるか、ウチも未だに知らんのですわ。
――――その丘君がね?電話してきて、『やっとカードが全部そろいました』言うたときはね。正直ウチも、アホかと思いました。
――――まだ足りんかったんかい、と。
 
 
――――そう、ブルー・リッジ。
――――横須賀米軍基地の、揚陸指揮艦。
――――そう。揚陸指揮艦なんだ。
――――これがカマクラ沿岸に。うん。意味は、わかるよね?
 
 丘・敬次郎の右腕が破裂した。
 肘から指先まで細かく炸裂し、そして、何事もなく元に戻る。
 その様子を確認し、満足げに笑う丘と、呆然と見つめる【祈らず】と【幽霊せせり】。
 
 「……何それ?」
 
 丘は懐から詠唱動力炉を取り出し、詠唱銀を飲み下してから徐に顔を向ける。
 
 「証明、です♪」
 
 悪意に満ちた、悪い笑顔で。
 
 
 
   全面戦争か。
   やってくれたな……。
   どうやって取り付けた?
   防衛戦力召集!
   宗主殿に連絡を!
   予測された事態です。問題はありません。
   【ゴッドハンド】の処遇は?
   射程計算結果……予想攻撃時間まであと……。
   ははっ!面白い、人間に何ができるか見せてもらおうか!
   ……(その『人間』に愛想つかされて隔離されたのはどこの誰だというのですか。愚鈍め。)
 
 
 「ここでお別れです♪」
 
 市街地にて、丘が【祈らず】と【幽霊せせり】にそう告げた。
 
 「え?」
 「丘君?」
 「これから先は、極秘作戦行動に入りますのでね。
  人に見せる訳にいかないんですよ♪」
 
 いつも通りの笑顔で。
 
 「お二人がどうされるかは、お任せします。
  ただ、僕の周りはうろつかないように。」
 「ちょっと、」
 「3分の間にできるだけ遠くに離れてください。
  それ以降あなた方が視界に入ったら、遠慮なく叩き殺します。
  まー、そういう命令なんで。ごめんなさいね。」
 「ちょっと待って、だってあの船は」
 「3分=180秒。はい、いーち、にーい、さーん、しーい、」
 「……行きましょう、【幽霊せせり】。」
 「しかし……わかりました。」
 
 健闘を祈るよ、と一言残して、【幽霊せせり】は【祈らず】一行と共に丘と分かれた。
 
 
 「いざ、来たれ♪」
 
 丘はもう一度肘から先を炸裂、再生させてから、携帯電話を手に取った。
 
 

 「いやあ、ですからね。『お稲荷様』?
  状況はレッド。実に悪い……
 
 
 
 以上。」
b25240_icon_8
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: シルバーレイン パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中