短絡

 「おはよう。今日も生きているのか、世界最悪の日々はまだ続くな。
 
 こんばんは、鳩です……。
 
 妄想シルバーレイン……。
 
 焼き鏝
 
 彼の組織に、『消耗させる』であるとか、『足を止める』であるとかの命令は存在しない。
 破滅させるか、利得を与えるかで終了。それが全てである。
 
 『瑠璃興業』。
 電話番である筧・小鳩は首領その人であり、組織を組織たらしめる『兵器』だ。
 
 探せばあるだろう、彼女が破壊不可能なものは。
 作れば生まれるだろう、彼女を傷つけうるものは。
 
 だが彼女は、それを許さない程度には頑健で、
 煮ても焼いても凍らせても窒息させても海に沈めても一向に平気でいる、魔人なのだ。
 
 己の体がダイヤモンドより頑丈と知り、且つ、その肉体を標的にぶつける術を知っているなら、
 果たして如何なる手段で止めることができるのか。
 
 筧・小鳩は魔人である。
 
 配下の、単なる能力者に過ぎない丘・敬次郎の苦悩は如何ばかりか。
 如何ばかりか。
 
 否、苦悩するからこそ。
 つまり、彼女の絶望的な強さに絶望を認めないからこそ、彼は彼の道を踏破できる。
 
 なやめ、なやめ。
 
 いずれお前の前にある道など。
 
 
 「痛いよお、痛いよお…………いっそ殺してぇ……。」
 「はい♪」
 
 ぐさり。
 
 「……あああ……。」
 「怖いでしょう。死ぬの怖いでしょう。
  どうです?それならもうちょっと解剖されていた方がましじゃあありませんか?」
 「ああああ……。」
 
 
 いずれお前の前にある道など。地獄以外のどこに通じると言うのか。
 
 
 以上 
広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: どうしよう パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中