ロールプレイングゲーム

「あなたの中学二年生的妄想は、誰も幸せにできない、誰もが見た覚えのあるくだらない妄想です。
 あなたのだけが、特別だめです。
 妄想バロックナイトイクリプス……。


攻撃の光速

『奇渦光顎(にじいろりゅう)』は鳩目あばたの頭を掴み宙に吊り下げた。
ガラスで出来たあばたの両の目は砕け散り、眼窩から溢れる血で濡れている。

「見えるでしょう?あばたちゃん♪」

『奇渦光顎(にじいろりゅう)』……丘・敬次郎は笑いながら言う。

「そうでなければお話しになりませんよ♪」

あばたが歯を軋る。頭蓋を握られる痛みと、理不尽を要求される屈辱に。両の肘はとうの昔に千切られていた。丘・敬次郎の脇腹から生える腕が持つ、二丁のアンチマテリアルライフルに。

「そもそも、こんなもので肉体を破壊されるようでは、僕を倒すなどまだまだ♪」

とあるテーブルトークRPGに、デビルという種族がある。
彼らは物理攻撃の一切が通用しない。傷つけうるのは魔法か、魔力を伴う武器によってのみ。
如何に練り上げられた剣技を打ち込まれようと、どれほど精密な矢弓を撃ちこまれようと、
『物理攻撃である』
ただそれだけの理由でシャットアウトしてしまう。
丘・敬次郎は“それ”であった。正しくは、“それ”に成り果てた。
そして鳩目あばたにもそうなることを求めている。

「……物理に。」

喘ぐような声が、あばたの口から発せられた。

「人間工学に恋をしたあなたの言葉とは、思えません。」

丘・敬次郎には忌むべき趣味がある。
少女を攫い、解剖すること。それが彼の至上の悦びであった。
神経、血管、筋繊維、内臓、皮膚。それらが複雑に折り重なり人体という一つの精密機械を構成する様。丘はそれを何よりも愛していた。何度見ても何度解剖しても見飽きない。彼の趣味のために『行方不明』にされた少女の数は、丘自身さえ覚えていない。

「あなたは人間ではありませんもの♪」

なればこそ、丘は人ならぬ己らの身を嫌っている。嫌っているのだから当然、残虐な仕打ちに躊躇いは無い。
脇腹からさらに腕を生やし、針であばたの鼓膜を貫いた。

「ああああああああああ!」
「聞こえるでしょう?」

口元だけは舌を出し笑っているが、丘の眉間には皺が寄っていた。

「聞こえる筈です。聞こえる筈だ。」

陽光は照りつけつつも吹く風は冷たい。山間部の盆地にある其処は、枯れ草に埋もれ人の気配もなく、滴る血だけが辛うじて現実味を保っていた。

「僕らに急所はないのですから。」

ヒト同士の戦闘において、一般に攻撃力は防御力を遥かに上回る。
パンチは鼻骨を粉砕し、投げ技は頚椎を破損させる。刃物が臓腑に至れば致命傷だし、銃弾が心臓を貫けば即死する。身体能力が互角であろうとも、十分な攻撃力や精密さがあれば一撃で決着がつくことは珍しくない。
翻って異能者同士の戦闘はそうではない。体力が数値化されている彼らにとって、致死であるかないかは単に攻撃の威力にのみ依存する。そして、脳にダメージを受けようと手足をもがれようと、死なない限りは適切な休息期間を置けば必ず完全に回復する。

『どこに当たれば効果的か』

そんな複雑さは異能者にはない。
従って彼らの戦いは体力の削り合いになる。一撃必殺が発生しうるのは、能力に大きな差がある場合だけだ。

丘の言っていることはこうだ。

――――異能者であれば、急所らしき場所を攻撃されたところで不都合など生じない――――

だから、目玉や耳を潰された程度で五感を失ったり戦意を喪失したりするようなお前は

「全っ然自覚が出来てませんね、未熟者。」

鼻息と共に丘があばたを投げ捨てた。機械で出来た両腕と背に負った給弾装置がぶつかって乾いた金属音が響いた。
真白い霧が丘の身体から噴き出し、やがて消えた。丘・敬次郎の姿も共に。

鳩目あばたの目は、霧が消え去る直前を辛うじて見ただけだ。
両耳も聞こえる。千切られた腕も元に戻っている。血痕さえ残っていない。
虐待の跡は霧のように消滅した。

――――ページをめくることはできる。過去も未来も自在に渡れる。
――――落書きをすることもできる。夢想の中ならばどこにでも行け何にでもなれる。
――――けれどそれでも
――――書かれてしまった物語を変えることはできず
――――登場人物になることもできない。

落書きならせめて、

「もう少し優しくしてくださいよ。」

そう言ってから、丘が少女を解剖する趣味を持つサディストであることを思い出し、鳩目あばたは溜息を吐いた。

以上……。」

アイコン

広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: バロックナイトイクリプス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中