死せざるはただ生命無きもののみ

「一族の恥を生んだお前の親が不憫でならない。

こんばんは鳩です……。

……妄想ケルベロスブレイド……。

人形遣い
照らす角度を変えれば、影の形は様々に変わるだろう。
様々な色の光を使い、まちまちの方向から照らせば、その姿は色も形も違うまるで別の怪物に見える。

それぞれが全く同じ一つのモノから生まれたなどと、地を這う虫にはわかるまい。影自身にさえも。

虹色のスポットライトが照らす舞台から袖へとパトリシアがハケた。次の女も彼女と同じく尻尾と角の生えたサキュバスだ。
サキュバスのストリップショーはいつも大盛況に終わる。性愛の化身がお誂え向きの舞台で踊るのだから当然だが、サキュバス側にも、興奮してもらわなければならない都合がある。
自分に向けられた性的欲望が、即ちサキュバスにとっての餌となるからだ。
首の傾げ方、足の開き方、目線の飛ばし方、表情の作り方、体の動かし方、アドリブの入れ方。足の先から頭の先に至るまで男を惑わす淫蕩さを極めなければならない。いや、義務感ではなく、「そうしたい」のだ。
視線で貪られたい。穴が空くまで見つめられたい。最高の女だと思われたい。
歓声が沸くたび、口笛が鳴るたび、心の奥がチカチカと光って甘ったるく疼く。
生きている喜びが全身を駆け巡る。

「シャワー浴びてくる。」

そういってパトリシアはストリッパー仲間から離れた。
汗の匂いに交じるフェロモンの芳香。自分でもわかるくらいだ、他人なら近づいただけでそれと知れるだろう。体は欲している。
だが、心と魂は先ほどの「食事」で疲れていた。今はご勘弁願いたいところだが……。

「いいショウでした。」
「ありがとうございます。」

初対面の男だった。わざわざ出待ちをしてくれたぐらいだから芸能界のスカウトだったりしたら嬉しいのだが、そうでないのはすぐわかる。火照った顔と膨らんだ股間を見れば。

「……一緒にシャワー、浴びます?」

—-​

結局その晩パトリシアはショーパブに戻ることはなく、近所のモーテルでアフターを楽しんだ。
眠る男に「Falou.」と囁き、夜明けの曇り空の下へと抜けだした。

湿った熱気に包まれていた町も、この時間は静かで乾いた空気が支配している。
十分に精気を蓄えた体は瞬く間に覚醒し、瑞々しい感覚をパトリシアの体内へ巡らせた。
テンションのままに走り出す。軽く地を蹴る感触。上下に揺さぶられる体の感触。風に触れる感触。たらふくに食べた栄養が腹の底から沸き上がり、新しい肉体を作って外へ外へと押し出ていく。
走りながら拳を構え、シャドウボクシングをしてみる。
左ジャブから始まるワンツーの連打は容易く音の障壁を超え、パパン、と乾いた音を薄暮の空に響かせた。

「ハハッ!」

拳の強烈な速度によってヴェイパーコーンを纏った袖はしかし衝撃波を受けても破れていない。
大分、モノにしたということだ。超越者らしさというものを。

ケルベロスなる異能には、情人をはるかに超えた身体能力が伴う。
なれば、その纏う衣服も通常のものでは耐えられない。だから、意識を変えるのだ。「ケルベロスの超越性は、装備にも宿る」と。
そう思い込むことで、それは実現する。ケルベロスの不死性、頑丈さを肉体だけでなくその装備にまで拡張する。
『ケルベロスの能力とはそういうものなのだ』と認識し、超越者としての理を彼方から引き出し、適用する。

それが可能と知ったのはごく最近のことだ。世の中は割と都合よくできているのだとパトリシアは知った。
​ ​
ケルベロスは高い不死性を持ち、その頑丈さは装備品にも及ぶ。装備品を身体の一部だと認識すれば、武器や防具も超常の力以外で破損することはなく、またどんな形状のものであっても体を動かす邪魔にはならない。
物理より設定が優先されるケルベロスのあり様は、まるで夢の中のようだ。ではそれは誰が見ている夢なのだろう。

昨夜のショーの舞台を思い出す。虹色に煌めくライト。幾重にも重なる自分の影。一挙手一投足に反応を見せる客席。
わたしが動けば影も蠢く。いくつもの影が、様々な形をした影が、思い思いに。
影は知るまい、それが投影にすぎぬ定められた動きだなどと。

不意に自分の姿が大きな影に隠された。地には白、黒、赤、青の全く違う何かの姿が自分の足元から伸びている。それらは顔も表情もなかったがこちらを見ているように感じた。
太陽を振り返りもう一度前を向くと、そこにはただ照らされたアスファルトがあるだけだった。

以上……。」

アイコン

広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: ケルベロスブレイド パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中