シガー

「消えろ。

こんばんは鳩です……。

……妄想ケルベロスブレイド……。

ホルダー

息を止めると、シガーホルダーの先から灰に成り切った煙草が崩れ落ちた。漫画に出てきた超人の真似をして、一息に一本吸い上げてみたのだ。どうやら超人たる自分には出来たらしい。
咳き込みたいのをぐっと抑えて、肺と口の中に煙をため込む。
曲がり角から足音が聞こえて、背筋に力がこもる。
現れた顔が狙い通りの物だったことを十分に確認してから、パトリシア・バランは白い煙を吹き付けた。
咳き込むのはスーツを着た壮年の男性。涙目で振られる首の根元を掴み、引き込んでもう一方の手で首の骨を摘み折った。
近場に着けていた車に遺体を引き渡すと、足早にその場を去る。
人一人の命は煙草一本分。
いつもは殺してから吸うのを、今日は少し早めただけだ。

 

以上……。」

アイコン

広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: ケルベロスブレイド パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中