おばちゃん瀕死 ~ご冗談でしょうパトリアンナさん~

おばちゃんコロッセオ敗退。

 

「2回戦。相手は、純正ファイター。過去記録から見ると、どうやらNPC相手には手の内を明かさずなます斬りにし、PC相手では装備を変更してかかってくる相手の模様。

 

前の試合であたしは槍をぶん回していたので、その試合を見て、恐らく相手はは防御に重きを置いてくるだろう、盾で受けるかな、と予想し、受け不可のスープレックスで攻めることにした。

 

前の試合の記録から、相手はスマッシュEXを持っているのが分かってたので、片手にヘビーシールドを。AP2になっちまうがしょうがない、あたしの体力じゃ『防ぎきる』以外にどうしようもないからね。喰らったら終わるし回避技能はアホみたいに低いから。

 

手数を稼いでも力で押し切られちまう。それなら、膠着状態から少しずつダメージを蓄積させて勝とうか、相手が一切の回避をしないならスープレックスは有利だ。片手は当然素手。

 

カウンターアタックも素手になるが、通りさえすればランクアップで軽傷まで削れる、命中修正も高くなるし。盾で防がれるのはもうしょうがないと割り切って。

 

ヘビーシールドで防ぎ切れれば、削りきれる可能性は充分ある。

 

 

と思っていたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

相手、バーストアタック(盾破壊)で攻めてきた。

 

防御はガチガチの重装備とデッドorライブでランク落としのコンボ。

 

 

 

流石にヘビーシールドを割られることはなかったが、デッドorライブのおかげでこっちのスープレックスの威力もカスに軽減され、重装備のせいでカウンターパンチも弾き返され。

 

そうこうしている内に、相手が通常攻撃を始めた途端、受けきれずごそっと斬られて終わりました。

 

 

 

 

 

盾装備を読まれていた、と言う点では相手の勝ち。

 

回避はせず、受けしかしないだろう、という読みではあたしの勝ち。

 

デッドorライブを舐めていた、通常攻撃は受けることすら不可能だった、と言う点では相手の勝ち。

 

 

 

このときこそ弓で攻めるべきだったんだろうね、シューティングポイントアタックがあったから、間合いを取りながら削っていけた。装備重量の制限上、防御面での不安はあるけど、相手は盾を装備してないから実質受け不可だったしねえ。

 

 

盾も装備せず、重戦車型で来るとは思ってなかったな。考えてみれば、デッドorライブがあるから軽傷が7点(スープレックス分)以下なら充分カスまで落とせるんだよな。槍装備でつきまくっていても多分結果は同じだったと思う。その時は重すぎてあたし盾装備できないし、防御できずに切り裂かれてエンド。

 

まあ、色々学んだ。勝利より敗北の方が、学ぶことが多いやね。

 

教訓1:なまじのカウンターアタックは盾だけでなく重装備にも阻まれる。

 

教訓2:盾受け不可と受け不可は強力。

 

教訓3:デッドorライブは、軽傷を積み重ねていく相手に対しては、実質ノーダメージで凌げるので非常に有効。

 

 

 

 

クレイモアでみじん切りにされたけど、まあしょうがねえや。投げること自体は何度かできたしな。

 

今度はもうちょっと頭使うよ。

 

しかし残念、ここで勝てばノリアが待ってたのにな。力不足ですまん。

 

ノリア気をつけろよ、あいつ、強いぜ?」

 

お疲れ、おばちゃん。

広告

kiwivege について

nothing
カテゴリー: Asura Fantasy Online パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中